何にレンタルスペースを使うのか

>

レンタルスペースを有効活用する

大きさを気にしよう

会社を少人数で始める場合は、大きなレンタルスペースは必要ありません。
サイズが大きくなると、費用が高くなります。
起業する時は、使えるお金が少ない人が多いです。
無駄に広いレンタルスペースを借りないように、気を付けてください。
すでに会社を経営していて、もっと会社の規模を大きくするためにレンタルスペースを借りる人が見られます。

その場合は、これまでの会社より広いレンタルスペースを選択しなければいけません。
少し価格は高額ですが、これまでの経営で得た利益があるでしょうから問題ないと思います。
レンタルスペースを借りる際は、広さを間違えないでください。
社員の人数が何人なのか具体的に把握すると、大きさを決めやすいです。

コンセントの位置に注意しよう

デスクワークがメインになる会社の場合は、コンセントが必要です。
1つや2つしかコンセントが無い室内では、使えるパソコンの台数に限りがあります。
パソコン以外にも、電話やコピー機など家電をたくさん利用すると思います。
会社を経営するためにレンタルスペースを必要としている場合は、コンセントの数が多い部屋を選択してください。

5つぐらいのコンセントがあれば、パソコンなどの家電を不自由なく使えると思います。
またコンセントの数は足りても、使いにくい場所にあるかもしれません。
レンタルスペースを借りた場合、どこに家電を置くのか考えてから申し込んでください。
借りた後に、コンセントに問題があることに気付いても簡単に変更できません。


このコラムをシェアする